自律神経失調症を治す|症状に合わせた治療!

更年期を楽しく過ごすため

悩む女性

誰にでも訪れる更年期は女性の場合、閉経を挟んだ前後10年間と言われており日本人の閉経の平均が50歳ということで45歳位から55歳位までを更年期、男性の場合は40代半ばから60代位までが更年期と言われる時期になります。更年期は何故起こるかもというと女性は女性ホルモンのエストロゲン、男性は男性ホルモンのテストステロンというホルモンが40代半ば位から急激に減少してしまうことが原因です。ただホルモンが減少してしまうだけであれば特に問題はないのですが、動悸や発汗、のぼせ、冷え、便秘、下痢、頻尿、頭痛、関節の痛み、手足の痺れ、食欲不振、倦怠感、無気力、鬱、イライラ、性欲減退など様々な症状が現れることも珍しくありません。

先ほど述べたような更年期の時期に現れる心身の様々な不調を更年期障害と言い、更年期障害の症状が軽い場合には特に治療の必要はありません。しかし日常生活に支障をきたすような状態の場合には治療が必要となります。更年期障害の治療は男女ともにホルモンを補充する治療になりますが、食生活の見直しや生活習慣を整えることも更年期障害の治療には重要となります。そしてその他に更年期障害の症状が軽い場合や予防の対策としてサプリメントの摂取が有効となります。具体的には女性は女性ホルモンのエストロゲンと同じ作用をする大豆イソフラボンやザクロ、男性は男性ホルモンのテストステロンの量を増やす成分のマカや亜鉛をサプリメントで摂取するという方法になります。