自律神経失調症を治す|症状に合わせた治療!

夏風邪はあなどれない

看護師

子どもの病気と思いがち

体力や免疫力が低下していると簡単にかかりやすい病気に夏風邪があります。大人の場合は職場にはエアコンが過剰に効いていて、自宅では寝苦しい夜を過ごすというようなことが多いため、自律神経の調子が狂って免疫機能が低下しやすいのです。そんなときにウイルスに接触すると容易に感染してしまうことがあります。夏風邪は子どもや、子どもを持つ同僚などからうつることも多いので、どうも体調が悪いなと思ったら早めに城東区の内科で診てもらいましょう。子どもが夏風邪にかかったら城東区の小児科にかかると思われますが、親にも発熱などの症状が出たら内科に行くことも忘れてはいけません。大人から子どもに移してしまうケースもあるためです。

大人の方が症状は重い

子どもの夏風邪で多いのは、手足口病やヘルパンギーナなどです。手足口病は手・足・口の中に水疱ができるのが特徴で、コクサッキーウイルスやエンテロウイルスなどが原因となって発症します。手足口病は子どもの病気として有名ですが、大人にもうつることがあるので油断はできません。子どもが手足口病にかかったら念のため同居している家族も城東区の内科で診てもらうとよいでしょう。というのも大人がこのウイルスに感染すると、子どもの場合よりも症状が重くなることが多いためです。ヘルパンギーナもエンテロウイルスによって起こる病気ですが、こちらは手足ではなく喉の奥などに水疱ができ、高い熱が出ることがあります。この水疱は痛くて食事ができない原因ともなるので、ウイルス感染が疑われるときはすぐに城東区の内科で診察してもらうことをおすすめします。